冬支度、仕事も減って、どうしよう。

冬はバイクシーズンも冬眠に入ります。

・さて、冬になればやはり気温が下がり、通勤の足で使われている方は平常運転ですが

休日ライダーともなれば寒さのあまりやはり車での移動が多くなりますよね。

そうなるとバイク屋さんでの独り言がでますよ。

【冬支度、仕事が無くて、店じまい】

なんてことにならないように、どうしようと悩むのがひと昔前のバイク屋さんですね。

 

・今はどうなのかというとそれはもう、結構大変ですよね。

まず、この冬の間に何をするのかと言う事ですが、今はネット環境がほぼ整っているので

当然ネットへの出展も出来ますし、そうなればどうなるかと言えば

当然商品を仕上げると言う事になります。

はい。忙しい時にできなかった結構ヘビーな車両などもありますよね。

長期放置していてエンジンが掛からない物や修理に時間のかかる物なんてものは

昔だとそのまま廃れていってたんですが、今はこの時期に一生懸命復活させて

外観もできるだけ綺麗に磨いて、商品と呼べるぐらいまでになれば

次の乗り手に渡るべくオークションへ出展ですね。

この流れはやはり、季節柄お客さんが少ない時に全力で仕上げていくことが重要になります。

 

(自分でも磨きたい人はこちらを読んでみてください。以前書いたアルミバフ掛けのコツです

バイク、アルミの腐食を綺麗にするコツを実践しました。

 

ただ、外観だけ綺麗にして出すという所も少なくはない現状ですが、なかには外観も

なにも物凄いものが売られていることもありますがそういうのには手を出さないように

気を付けてくださいね。

落札しても保証もなければ修理も無いというのが現状です。そして

修理をしても金額が購入した金額以上になり、お店で買った方が安かったという結果になるのを

よく見かけます。

購入時は自分で修理が出来そうかどうかも判断が必要になってくると思います。

 

・購入もお店ならどこでもいいのか?ということになりますが、購入はやはり人と人の関係も

ありますので、自分の気に入った人がいるお店で購入するに越したことはありません。

これは実際にお店で話をしてみての感じでもいいですし、買った後の修理がきちんとしてくれる

所かどうかは先人の知恵ということでバイクに乗っている人から色々と聞いてみてもいいと思います。

ひとりの人に聞くとその人の感情もあるので出来れば多くの人から聞いてみたほうがいいですね。

 

・かなりの飛躍で話が飛んでいきそうですが、戻しますと冬だから暇なんでしょ?

ということは、無いので結構中でせこせこと働いています。

寒さで指先が痛くなりますがそれでもバイク1台が綺麗に仕上がっていくと感動ものです。

何物にも代えられないというぐらい大げさに言えます。

そして、仕上がっていくと愛着もわきます。

そんなこんなでまだ仕事を頑張っています。

冬はバイクの売り時でもありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください