ねずみが電気コードをかじる行動をもっと深く知りたい!!

ねずみが電気コードをかじるのが好きな理由

・ねずみが屋根裏の電気コードをかじって漏電して火災なんてことよく耳にしますよね。

その理由っていうのが、ねずみの歯が伸びてきたら削ってメンテナンスをしているという説が

あるようですね。柱とか壁とかは硬すぎて電気のコードが程よい柔らかさと硬さを兼ね備えている

という事らしいのですが。

???って思いませんか?

ネズミって歯がずっと伸び続けるんですか?ということと

電気のコードの被膜ってかじっても歯は削れませんよね?人のツメでもガリガリすれば

被膜は削れますので動物の歯が削れると言う事はちょっとどうなのかなと思いました。

個人的な感想ですが。

 

個人的な感想

・ネズミが電気のコードをかじるのは巣に必要な素材を集めているのではないでしょうか?

 

・なぜそう思うのかというのはごく希にお客さんのバイクが納屋に放置してあった場合、配線が

やられています、それもねずみにかじられていますが、その付近には必ず木の葉やビニール類が

集められて巣をつくっていた形跡が残っています。

なので電気のコードはビニールの素材と似ているためかじって巣の材料にしているのではないでしょうか?

 

更にねずみは電気が見えている?

・人にはオーラというものがあり人それぞれに違った色が見えるという方もいらっしゃいますよね?

そんな感じでねずみは電気を色覚もしくは体感で感じ取ることが出来るはず!!

このように言い切ると少しあれなんですが、その理由とは

最近、バイクの修理をしているときにまたもや配線をかじられていてその付近に巣をつくりかけていました。

 

・かじられた配線を修理をしようと思ったところ、見事に配線が4本あるうちの3本がかじられていました。

この3本というのはプラス側の配線でかじられていない配線はマイナスの配線でした。

たまたまだったのかもしれませんが見事にプラスの配線だけかじっていました。

 

・このことからねずみは電気が好きなんです。

だから屋根裏の電気コードも好きなんです。なのでガジガジして愛情表現しているんだと思います。

 

・よく,ねずみ対策で超音波を利用してネズミを近づけないというものがありますが、効果はあるのでしょう。

きっと人には聞こえない音域でネズミが嫌う音と言う事ですよね。

人で例えるなら黒板を爪でキュキュキュ~~~~っとやる感じなのかもしれませんね。

キキキ~~~って感じ鳥肌もんですよね?

 

家の電気コードの被膜を改良

・ネズミ対策で効果的だと思うのは家の屋根裏や見えない所の電気配線の被膜を改良すれば

いいんじゃないでしょうか?

巣をつくるためのビニール素材集めだとしたら少し硬い感じのものにするとか、それではコーナーで

曲がらないと言う時は熱で曲がるものを使って常温で硬くなる感じにするとか?

それか電気好き好き説が正しければ電気を通さない素材にするとか、絶縁するものをコードの被膜に

使うとか?今の配線の被膜は一応絶縁されているかもしれませんがねずみの電気好き好きには

負けている感じですかね、きっと電気による磁界が漏れているのかもしれません。それを

遮断すればねずみは近づいてこないというか気が付かないかもしれませんよ?

 

と今回はネズミにかじられた配線が全部プラス側だったことから電気が見えているのか?

という考察から書いてみました。

まったくの根拠のないものの個人の解釈ですので軽く流してください。

 

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です