11月に財布を新調しようとしたときに気を付けること

11月は実りの秋最後の月

 

実りの秋

9月、10月、11月が実りの秋ですね。

 

 

 

 

 

 

 

この時期に財布を新調すると

努力が実る、お金が実ると言われています。

 

実りの秋は9月から11月の間を言いますがこの時期に財布を新調するとお金が実ると言います、

これは少しのお金でもお財布に入れることでどんどん増えていくという事を表します。

 

・財布を買う時に気にする事は実は沢山あるのご存知ですか?

私はいままで特に気にもしないで買っていました。でも色々調べてみるとなかなか面白いことが

沢山ありましたのであなたの財布を新調するときにお役に立てればと思います。

 

各開運日と財布の関係

※クリックすると外部サイトに行くこともできます。

※一粒万倍日(いちりゅうまんばいび/いちりゅうまんばいにち)は選日の1つです。

これは一粒の籾(モミ、お米の種モミですね)これが万倍にも実る稲穂になるという意味です。

これをもとに一粒万倍日の日は何事を始めるにしても良いい日とされ、特に仕事始め、

開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。がその逆借金をしたり

人からものを借りたりすると苦労の種が万倍にもなるので凶とされています。

一粒万倍日の数が多いので他の暦で吉日とされる日と重なれば更に良しとされ、

逆に悪い日と重なればいいことが半減されます。     Wikipediaより引用

ということなので、これに当てはめて考えると

一粒万倍日に

・新しい開運財布を使い始めるにふさわしいと言う事は使い始め=開封日

・開運財布を購入するのにふさわしいと言う事はお金を出すに吉=注文日
と言う事ですね、ホーム右に開運カレンダーをこの度追加してみましたので合わせて確認もできます。

早く見たい方はこちら


 

2017年11月の一粒万倍日は

3日(金)は大安です・6日(月)・7日(火)・18日(土)は新月です

・19日(日)・30日(木)です。

これに合わせ上記の大安や新月などが重なればさらに倍率ドン!!って感じです。

 

 更に金運を上げる方法

お金が貯まる財布財布屋さんが教えている金運アップの方法をピックアップしました。

参考にしてみてください。なるほど納得の事があります。

準備・・・今使っている財布の中身を1度全部出して広い場所に出してください。

全てだしたらこれからの事を意識して再度中に入れてください。では行ってみよう!!

  1. 隅々まで綺麗にゴミや汚れをとってください。(乾いたタオル等で拭くものOK)
  2. 要らない領収証は捨ててください。
  3. 要らないカードが無いかチェック。
  4. お札は取り出す自分側に人物像が来るようにいれる。種類も混ぜないできっちり分ける
  5. 小銭がありすぎないかチェック(できるだけ小銭から使いいつでも財布の中身はスッキリさせておく)

この状態を維持できているか毎日チェック!!

これが基本中の基本でこれが出来ていないといくら開運の財布や長財布など気を使っても

無意味になると言う事なのでしっかり癖になるようにしておきましょう。

 

・イメージです。お金が貯まるというイメージを膨らませるというのも金運アップには

欠かせないと言う事も大事です。

まとめ

・財布を新調するときは財布にもゲンを担ぐと気分的にもなんだか金運が上がるような気になる。

 

・開運カレンダーの存在を意識していつ注文したらいいのか、使い始めはいつにしたらいいのか

これを知っているのと知らないのとでは金運にも差が出る。

 

・金運アップには毎日使う財布でも綺麗な状態を保ち、いらない物は入れないようにすることを意識する。

 

このように、たかが財布、されど財布、財布ひとつでも色々な考え方があることが分かります。

この機会に財布の豆知識を入れてみるのもいいかもしれませんね。

 

関連記事

厄年の御守りに良いとされている要素を取り入れた財布で厄除けに

金運の上がる財布

財布で開運

ホントの開運例を100以上掲載しています。財布屋

 

 

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です