毎日の変化を求めて進化するか、後退するか?やってみないと分からない

毎日の変化を求めない人生はつまらない

・毎日何の変哲もなく過ごしていますか?何か毎日変化を求めて行動していますか?

 

どちらでもないと言う事は無いと思います、必ずどちらかだと思います。

それはなにも変化を求めず過ごせば何の変哲もない日々を過ごすだけ。

何か変化を求めていても行動をしなければ変化はしません。

変化を求めて行動をすれば何かしら考えて毎日を過ごしていると言う事ですよね。

 

忙しいからそれどころではない。

・毎日仕事に追われて忙しくてそれどころではないという人も少しだけ、

せっかくここに来ていただいたので少しだけ時間をいただければと思います。

 

・そう、毎日忙しくてそれどころではない人だからこそ見ていってください。

なぜかというと忙しい忙しいで何も変化が無いと言う事は、考えてみてください、今後ずっと

何もしなければその忙しいまま、また毎日毎日忙しい日が続いてしまいます。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

それは、何か変化をつけて行動をしてみると言う事を小さなことからでもやってみると意外と毎日の

忙しさが減ってくるかもしれません。

そう、変化によって効率があがったりすることもあります。その方法はその場その場で違いはありますが

 

何も変化がないと何も生まれないと言う事です。

 

もちろん、失敗して更に忙しくなることもあります、ただそれはそれをやれば失敗するという

明確な事が分かったという事実はできます、ので今後そのやり方はやらないという選択ができるので

見方を変えれば成功でもあります。

 

このように一つ一つを前向きに考え色々とやってみてください、きっと効率の良くなる方法はすぐ目の前

に転がっていることが多いはずです。

 

机の上を少しだけ片付ける

・よく机の上が汚いほうがアイデアがよく出るとか実は効率がいいとか、成功者は机の上が汚いと

言って正当化している記事をよく見かけますが、その記事を書いた人の机はきっと汚いのでしょう。

 

汚いのを正当化してもそれを真似してやる人が出ても何もメリットはありません。

ただ身近に成功した人がいてその人の机が汚かったということではないでしょうか?

もちろん、きちんと綺麗にしているひとでも机の上が混雑することはあります。

それをいかに早く整理して片付けるかの違いなだけです。

 

知らない人が机の上を見て汚い人を綺麗な人のどちらを信用してくれますか?ということも頭にいれて

置いた方がいいでしょう。それは誰がどこから見ているか分からないということと、

その人の事を判断する基準が無い時はやはり、身なりや身の回りに目が行ってしまうと言う事も事実です。

 

話がそれましたが出来ないことは出来るように毎日少しずつ変化をつけて取り組んでいけば

きっとその先には成功というものが見えてくると思います。

 

それが見えない、毎日一生懸命努力しても目の前が真っ暗だという人ははっきり言います、

その職に先はありません。早く自分を活かせる新しい職に変わりましょう。

そのほうがいい結果が早く自分にやってきます。

 

毎日に変化をつけて楽しい日々にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です