年末の大掃除は考え方を変えれば楽に出来る。

年末の大掃除は時間がかかりますよね?

・毎年年末の大掃除に時間を使ってしまいかなり疲労しますせんか?

毎年、仕事が終わって年末年始の休みに入ったかと思うと、すぐにやってくるのが

年末の大掃除。

世間の奥さま方が待ちに待ったと言わんばかりに家のあらゆるところの掃除を言ってきて

恒例となっています。

そこで、今回身をもって思い知らされたことがあったので少し書いておきます。

定期的な掃除は大事だなという思いと、

母親の子供に対する思いなども思い知らされます。

子供の物は早めの整理をする(父親推奨)

・今回次男が自分の部屋が欲しいと言う事を言い出したので我が家の子供部屋に充てる予定

だった部屋を使ってもらおうと思いその部屋を確認したとたん目まいがしました。

それは図で書くとこのような感じ

小学生の頃までは2人で使う事の方が楽しくてよかったのですが、長男が中学生になり、

次男も中学生になろうとしているので隣の部屋が空いてるからそこに移動したい!!と言う事で

簡単にOKの返事をしたのが運の尽きでした。

・その理由は以下に続く。

隣の部屋は開かずの間になっていた。

・隣の部屋がいつも洗濯物を干していると言う事だったので特に気にもせず開けて見た途端、

最近よくTVで問題になっている、ゴミ屋敷のミニチュア版が完成しつつありました。

 

・理由は簡単

母親は子供成長で、子供が今まで使っていた物、子供のおもちゃ、小学校の時のプリント、

夏休みの工作、冬休みの習字、毎月の学習テキストこれらが、今までの10数年分が山積みになって

いました。もちろん小さい頃の子供服なども当然ありました。

子供いる家庭あるあるですよね。物が捨てられない症です。

 

定期的に部屋はみていたのですが、段々と段ボールや衣装ケースが増えてきて

職場の周りの人も

子供の物は捨てられないから1部屋は物置になっているよ、と言う事をよく聞きます。

 

 

 

休み2日間で床が見えるところまで

・ここで父親の登場です。

理由は簡単、物に執着しないはず。なので必要と思わないものはどんどん捨てる!

このとき、これは必要?と聞くと考えてしまい、要るかも?となって捨てられません。

なので、特に必要かどうかは聞かずに

こんなのもあったね~と言いつつゴミ袋にいれていきましょう。

そんなこんなで半日かけてを2日間やって部屋に床があることを目視確認できるようになりました。

 

・子供の成長は嬉しい物ですが、物を取っておいてもそれを見ることはありません。

事実そこに置いていても必要とするものが埋もれてどこにあるのか分からない状態を取っておく

必要はないと思います。

 

・子供の物は1年か2年保管してそれ以上は処分するなど家庭で決めるといいかもですね。

 

この状態を維持

そして、綺麗になった所で掃除をして、その状態を維持していけばいいだけなので毎年の

年末の大掃除

よく思い出してください、いつも見ても見なかった振りをしている所を掃除していませんか?

 

・年末に普段掃除をしない所を掃除するのではなくて、普段怠けてやっていない所を掃除しているだけ

なのです。

 

・月に1度でもいいので普段やらない場所の掃除を毎月やっていくことで年末の大掃除に

余分な仕事をやらなくて済むようになりますよ?

我が家は今月部屋の掃除で今までやらなかったところを綺麗にしたので、この調子で

毎年やっている年末の掃除を前倒しで少しずつやって行こうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です