2019年5月1日、平成後の改元の日になればGWが10連休に!?

2019年5月1日に改元の日になればどうなる?

・天皇陛下の生前退位が各メディアで報じられていますように、次の改元の日が
2019年5月1日になればGWが10連休になるという話も同時に出てきています。

・理由は、日本の国民の祝日という祝日法がありそこにはなんとこう記されいます。

祝日祝日に挟まれた日を休日にする、というまさに国民にとって素晴らし案ですね。
働きすぎの日本人にちょうどいいそれでもまだ少ないと思いますが、それでも休みが
増えるのは素晴らし事です。

実際のカレンダーで確認してみましょう。

この様に、4月29日が昭和の日で祝日、5月3日が憲法記念日になっています。

ここに5月1日に改元日が来ると4月30日と5月2日が祝日に挟まれると言う事で自然と休日になる

その為4月27日から5月6日までの間10連休と言う事になります。

でもその前に

・改元日が休日になるという規定はありませんのでただ単に通常の平日扱いであれば

何もない通常のGWになります。

ただ、何かしらの特例法を定めてその日を祝日扱いにするとなれば、一気に連休が増える

と言う事ですね。

オセロのいい位置をとって一気に形成が変わる瞬間のようでもあります。

これだけ休みがあれば休日にゆっくりすることも出来ますし、心身共にリフレッシュできますね。

これはあくまでもそうなればいいなという考えです。

 

その逆の人も出るという現実

・その逆というのは何でしょうか?お分かりいただけますか?

そう、GWを休日で過ごせる幸せな人とは反対にGWや休日、祝日は絶対に仕事!

と言われているサービス業の方々ですね、はっきり言って祝日が増えれば

自分たちの休日が減るとおもってもらえればいいかもしれません。

 

・なかにはサービス業の会社にもよりますが、その連休の代わりに別の日に休みをもらえる
そういう会社はホワイト企業です。

大体は他の日に同じように連休をもらえるという会社はありません。ほぼブラック企業です。
サービス業なんだから当たり前と思っている人も多いのですが、休日のシフトの改善をすれば
解決することを企業はやらないのでサービス業はほぼ慈善事業です。

・自身もサービス業ですが休日に有給を申請すると

サービス業は土日祝日に稼がないといけないのが分からないのですか?そこの所
しっかり考えて休みを申請するように!!】

このように人事から言われたこともあります。

はっきり言って休日、祝日に休むのは商売人として失格といわれました。

この様に今の日本の企業でサービス業と言われている人たちは休日が増えることで
仕事が増え、休みは年間通して変わりません。連休もありません。

サービス業もGWなどの代わりの連休を作ってあげてください。

・サービス業で働く従業員さんのためにも連休を作ってあげる環境を整えてあげてください。

・連休を作ることで生産性が下がるというのは昔の考えです。

・サービス業でも、上層部以外の社員は固定給で仕事しています、サラリーマンです。

ということで、祝日が増え、GWやお盆、シルバーウィークなどサービス業以外の方は

嬉しいことですが、サービス業の方もゆっくり休める連休がもらえるように、

これからの働き方改革などで取り入れてもらえると嬉しいですね。

 

祝日が増えるときいてしまうと、愚痴がこぼれてしまう仕事の方も何かしら楽しいこと
探してみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です