ネジを締める、ネジを緩めるのはどっちだっけ?をすぐに覚えられる秘訣を伝授。

ネジどっちで緩めるんだっけ?

・とっさにネジを緩めてと言われてすぐにどっちに回すのか分からないよ~、とりあえず

回して見て緩む方で回すということがまだまだ慣れていないとありますよね、たぶん。

 

・みなさん子供にネジを締め付けるのはどっちに回すのかを教えるときどのように教えますか?

  1. 時計まわりに回せばいいよ。
  2. 右回りでまわせばいいよ。
  3. こう、こう、こっちにまわせばいいよ。
  4. ひらがなの ”の”の字の方向でまわせばいいよ。

といろいろありますね。

これは人によってかわるとおもいますが、私自身が覚えたのが、遠い昔ですが子供の頃

4番目の ”の”の字を書いて、その書き順が締める方ね、で緩めるときは ”の”の字の反対って覚えたら

良いよ。と教えてもらった記憶があります。

 

・時計まわりだと、段々とデジタル化してきているので針の時計よりもデジタルで思い出す時代が

きそうですよね。算数は針の時計で教えていますのでまだまだ大丈夫でしょう。

 

では、バイクの場合

当然大人になって仕事をするのであればどっちに回すとかは基本過ぎて誰でもできますよね、

ではなぜ今回このようなことを書いたのかというと、

オイル交換の時大体のバイクはドレンボルトがエンジンの下についていますよね。

これ最初にやってもらったりすると必ず締め付ける方向に回そうとします。あ、わかりにくいですね

ドレンボルトを締め付ける方向に回すと言う事ですよ、

上下反対向きになっただけでどっちに回していいのか分からなくなることが多いようです。

上から見た時、緩める方向は締め付ける方向に回します。 ”の”の字

下から見た時は、緩めるときは緩める方に回します。   ”の”の字の反対

 

もう頭が混乱してきますが、教えるときは目線が上からの時はいつもの反対、

・『下から付いている時は締め付ける方向に回す』 だから『ドレンは”の”の字で緩めるように』

 

これは慣れるまで本人も混乱しています。緩めるつもりが力を入れる方向が上から見て”の”の字の反対

そう、通常の緩める方向に力を入れています、それを見た時は、『逆ね、逆、締め付ける方向で緩める』

締め付ける方向で緩める、

と言葉でいうのも長くなればどっちに回せばいいか教えるときに

”の”、”の”こう、”の”ね、わかった?で終わりです。反対の時は”の”の字の反対にまわしてこう、”の”の反対、

こうね、ともうこれだけ教えていけば早く覚えられるのかなぁ?

 

と”の”の字をちょっと押してみました、今度から締めるのってどっちだっけ?といわれたら

”の”ね ”の”こっちに回せば締まるよでOK。 緩めるときってどっちだっけ?

”の”の字の反対ね ”の”の字の反対 こう!とすかさず言えるとカッコいいですよ!

 

と、今回は例外の左ネジは置いておいて、通常締め付ける方向はどっち?ということについて

だらだらと書いてみました、これで今日からねじ回しマスターですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください