検索のやり方を簡単に早くする方法

誰でも簡単に早く目的の検索結果を見つける方法

・なにを今さらと思われると思いますが意外に検索方法を無駄に入力している人が多いですね。

仕事をしているときにちょっと疑問に思ったことを検索してもらうと意外に時間が掛かっている人や

検索結果をページを何度も移動して目的に到達するまでに時間が掛かりすぎていると言う人、

心当たりありませんか?そういう人にそっと教えてあげるといいですよ。

 

・基本的な事なのでやっている人は何もありません。

 

検索はキーワードになる単語だけでOKです。

・検索のキーワードの単語のみです。複数ある場合は間にスペース『空白』を入れて単語を入力

たったこれだけです。

え?これだけ?そんなに知っているよという人は当然知っていますが、意外に知らない人が多いです。

なぜかというと、スマホが主流になり、タブレットなどもですが、PCにあまり興味のなかった人達でも

気軽に持ち歩き、知らないことを検索する機会が増えてきたことです。

ただ検索方法は検索バーに通常会話のように知りたいことを書いて行ったりて、結果目当てのサイトに

到達する前に他のページが気になりどんどん奥にはまってしまい当初の目的と違う結果で終わってしまったり

時間を費やしてしまっています。

 

たとえば『ダイエットで成功するための秘訣』とか『コロッケの失敗しない美味しい作り方』など

検索バーに全て入力してしまっています。それでもいいのであればいいのですが、これを簡単に

検索するときは

『ダイエット 成功 秘訣』 とか 『コロッケ 揚げ方 コツ』 と入力するだけでOKです。

そうすることで自分の知りたい情報に行く確率もグッと上がってきます。

あくまでもほんの1例ですが。

過去あったことですが、カスタム車のフロントフォークのオイルレベルが分からない時調べてもらったら

『○○(バイクの機種)のフロントフォークに使われている○○スプリングに交換した時のオイルレベル』と

長く入力して探していました。もちろん悪い事ではありませんが、入力に時間もかかりますしヒットするのも

時間が掛かりますが

『○○ ○○スプリング オイルレベル』 たったこれだけでグッと絞られ目的の検索結果もすぐに出てきます。

 

・結果・・・単語キーワードだけで自分の知りたいことを明確に表示してくれますので早く簡単に検索できます。

 

ただ、スマホやタブレットの場合単語と単語の間に空白を入れることが出来ないためそのまま音声で

話していくことになります。なぜなら句読点のコンマとか入れると『コーンの』とかに変換されました、

色々アプリや修正などもありますがそこまで深く使えないのがここまで読んでもらえた人だと思うので

音声入力は一番知りたいキーワードの単語を最初に持っていき話すと言う感じです。

 

・他にも類似で知りたいときはYahoo!検索の結果の最下段に虫眼鏡で類似検索がでていますのでそちらも

クリックすれば検索できます。

 

とりあえず、スマホでも音声入力はちょっと・・・という人は検索時は単語だけでスペースを入れ単語だけ

の入力をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください