スクーターのベルト交換って必要?

スクーターはベルトの定期交換が必要ですがいまいちよく分からない。

・50㏄から大型のスクーターまで動力を後輪に伝えるために必要なもの、それがドライブベルトです。

このベルトも昔に比べると強度も若干増してきているのかな?と思われるかもしれませんが、特に

強化されていたり、交換が不要になっていると言う事はありません。

メーカーによって交換時期は違いますが、大まかに分けて覚えておいてもいいと思います。

 

・通常使用の場合。距離にして1万5千キロから2万キロを一つの目安に交換をしてもいいと思います。

業務用の場合はこの半分、7千500キロから1万キロを目安に交換したほうがいいでしょう。

 

・あるメーカーの場合だとベルトの幅をノギスで測り使用限度の幅以下の場合交換という少し面倒な

交換時期を設定している物もありますが、それでも大体距離にすると同じぐらいになります。

 

法定点検時にベルトの確認をしてもらいましょう。

・公道を走行するのあたり運転者の義務になっている法定点検は必ず受けてください。義務ですので。

その中にスクーターの場合は駆動装置の点検がありますのでドライブベルトの目視点検がありますが、

お店により実施していたりいなかったりが悲しいことに現状です。

それも目視点検の場合そこに行くまでに部品を取り外したりする手間があるので別料金が発生することもあります。

なので走行距離から推定して交換時期をお勧めしていると言う事もあります。

 

・ただ距離が1万キロを超えていたり3万キロ走行して1度も交換したことがないと言う人は必ず

目視点検をしてもらってください。

ベルトの内側に亀裂が発生していたりすることが多いです。そうなれば走行中にベルトが切れる

言う事も起こりますので、ご注意ください。

 

ベルトが切れたらどうなる?

・エンジンの始動や回転にひどい影響は出ませんが、エンジンが掛かりアクセルを開けても

回転だけ上昇し、前に進まないと言う事になります。

チェーン駆動の場合切れるとエンジンのケース破損に繋がったりロックして危険な状態になることもあります

がベルトの場合はそこまでにはならないのですが、ベルトケース内がぐちゃぐちゃになります。

 

・綺麗にすればいいだけの時と破損したベルトが絡まって他の部品を交換しないといけなくなる場合もあります。

 

切れたベルトを交換した後またすぐに切れた

・ベルトが切れて交換をしたけどその帰りにまたベルトが切れたと言う事も無いことも無いです。

実際過去1回ありました。

原因はドライブフェイス(前側のウェイトローラーがあるところです)のセンターのカラーが

焼き付いてウェイトローラーでスライドするところがスライドせずに固着してベルトの張りが

エンジンの回転と合わずにバタついて切れたということがありました。

なのでベルト交換の時は各部の動きも正常かどうかを確認してもらっておいてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください