せっかく書いた記事を検索結果に早く表示して欲しい時や記事の情報をわかり易く入れるための
プラグインの紹介と同時にやっておくお勧めのことを書いていきます。

SEO対策していますか?

・SEO(検索エンジン最適化)のことですが、これは検索した時に内容が検索した事柄に合っているかどうか
上位表示させたい記事などは検索されるであろうキーワードを選定したりもします。
これを記事毎に簡単に設定できるプラグインをまずは入れておきましょう。

・SEO対策に有効なプラグインといえば
All in One SEO Pack というプラグインです。まずこれを入れて有効化することでSEO対策が簡単にできます。

設定方法はこちら

左のサイドバーからプラグインから新規追加をクリックそして

All in One SEO Packと入力してインストール後有効化します。

そうすることで左のサイドバーの上部に今有効化したプラグインの項目が出ていますのでそこから
一般設定に行ってみてください。

ここでホームページ設定をしておきます。

この赤枠の中にタイトルと、そのしたに説明欄を最大160文字で入力できます。

あれ?これ最初の設定で入れたような気がするからいいやとならないようにしてください、
なぜならこのプラグインの設定のほうが優先順位が高いのでこちらで設定をしておいてください。

 

その他の設定は特に最初は分かりにくいのでそのままでも大丈夫です。

タイトル設定の所は タイトルを書き替えるという項目は無効にチェック

カスタム投稿タイプ設定は有効にチェック、これをチェックしておくことで記事毎に設定できるようになります。
SEOを行う投稿タイプは 投稿と固定ページにチェックでOKです。
沢山チェックを入れると逆効果になることもある為この2つでOKです、あとは自分で試しながら
チェックを増やすことも可能です。
詳細設定 有効にチェック

表示設定は先程と同じく 投稿と固定ページでOK

そして次のウェブマスター認証なんですが、こちらGoogleサーチコンソールとの関係になります
ので、グーグルサーチコンソールの登録と設定をすることで特にここに入力はなしでいいです。
サーチコンソールの設定方法も後で書いておきます。

 

次のGoogle設定はそのままスルーでOKです。
この項目の下にあるアナリティクスは後で説明します。

ノーインデックス設定は、カテゴリーはチェックをはずしてあとは404頁にインデックスまで
チェックをするでOkです。

詳細設定はデフォルトのままで、キーワード設定は無効でこれで設定を更新で終わりです。

良く分からない時はこのままやっておくことで何とかなります。あとは実際に色々やって行って
確かめていく感じで大丈夫です。

Googleアナリティクスの設定

・こちらはGoogleが提供しているアクセス解析ツールになります。プラグインに入れなくても
いいよ、という人もいますがこれをワードプレスと関連付けすることでこのダッシュボード内の
画面下の位置で確認できます。なのでアクセス解析ができるので
毎回グーグルアナリティクスを開かなくてもいいのと
個別に記事の横にグラフの記号が出るので記事毎のアクセスも確認できるお勧めプラグインです。

・GoogleAnalytics Dashboard for WPというプラグインです。

こちらのプラグインにアナリティクスのIDを入力するだけなので簡単にできます。

こちらも左のプラグインから新規追加をクリック キーワード入力して下記のプラグインを
インストール、有効化。

ここで一回グーグルアナリティクスのサイトに行って設定をしていくことになります。
アカウントがまだない人は新規登録をしてアカウントを作成しましょう、気を付けることは
特にありませんがタイムゾーンは東京で設定です。
そしてトラッキングIDを取得をクリックすると次のページでトラッキングIDがでてきます。

そしてワードプレスの左サイドバー下にあるアナリティクスをクリックして設定をしていきます。
まずプラグインを認可をクリック
このリンクを使用してアクセスコードを取得とある右のアクセスコード取得をクリックすると
今ログインしているアナリティクスを使用しますか?と出るので認可をポチっと

するとアクセスコードが出るのでそれをコピーして先程の下にある枠の中にペーストして
アクセスコードを保存をクリック

次にしたのビュー設定は一つだけなのでそのままOK その下の色は表示されるグラフの色なので
お好みに合わせて変えることが出来ます。

これでダッシュボードに解析グラフが見れるようになりました。

Googleサーチコンソールの設定

・ウェブマスターツールの言い方が今はサーチコンソールになりましたので、これで
検索すると設定から出来ます。

まず、自分のサイトを認識してもらう事から始めないといけないのでそれを教えるためと
新しく記事を書いたものや特定の記事など早く表示して欲しい時にこちら側からGoogleに
記事更新したよ?早く来て!とアピールするためのツールにもなります。

Googleサーチコンソールにログインをして

プロパティを追加⇒URLの追加⇒ここでお勧めの方法でアナリティクスを使用で確認できます。
これで所有権が確認できましたと出れば続行をクリックで登録終わりです。

後、自分の作ったサイトをサーチコンソールに教えるためにサイトマップを送る必要が有るので
そのやり方も一緒にやっておきましょう。

サイトマップは、このサイトはこうなっていますよ~というサイトの地図のようなものですね。

まず最初に先程のプラグインAll in One SEO packの機能管理をクリックして一番左上の
XMLサイトマップをクリックしておきます。

次にまたプラグインですがこちらGoogle xml sitemapsをインストール後有効化
すると左サイドバーの設定から下のほうにXML-Sitemapが出来ているのでクリック

基本的な設定はほぼなにもしなくてもOKです、そのままで大丈夫なのでOK。設定を更新したら

上にもどると検索エンジンはまだ通知されていませんという所のあなたのサイトの
インデックスファイルのURLというのがでますのでそこの.xmlの区切りのなかを

コピーして/○○○.xml⇐ここの/から後ろの部分です。

今度はサーチコンソールに移動してダッシュボードからサイトマップをクリックして

サイトマップの追加テスト(右上の赤い枠内の所)⇒送信・・・・これで終わりです。

 

これで投稿記事毎にSEO対策での入力も出来ます。

また記事を書いたらパーマリンクをコピーしてサーチコンソールの

feteh as googleをクリックしてそこにパーマリンクの後ろの部分をいれるだけで
早く確認にきてもらい表示してもらう事をお願いできます。

これをやるのとやらないのとでは表示されるまでに日数が結構変わってきますので是非

活用していきたいですね。

 

 

関連記事